東京で京料理【日本料理(和食)・しゃぶしゃぶ 瓢喜 (ヒョウキ)】の個室接待へ

ブログ 西麻布店

ご存知でしょうか、泥鰌の素晴らしい栄養価

残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は泥鰌(どじょう)についてお話させていただきたいと思います。

泥鰌とは

pixta_2988363_M

泥鰌は、コイ目ドジョウ科に分類される淡水魚の一種です。日本の平野部の水田や湿地などに全国的に生息しています。中国大陸、台湾、朝鮮半島にも分布するほか、日本をはじめとした東アジア地域では食用魚としての養殖も盛んに行われていますよね。
泥鰌は雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食するそうです。
体は細長い円筒形で、全長は10–15 cmくらい、口ひげは上顎に3対下顎2対で合計10本あります。このひげには味蕾(みらい)があり、食物を探すのに使われるそうです。
えらで呼吸するほか、水中の酸素が不足すると、水面まで上がってきて空気を吸い、腸で空気呼吸も行います。
体色は茶褐色で、背部に不明瞭な斑紋を持つものがほとんどですが、まれに「ヒドジョウ(緋泥鰌)」と呼ばれるオレンジ一色の白変種もあり、人工繁殖されたものなどが観賞魚として商業流通するそうですね。
個体差はありますが、危険を察知した際や水温などの条件によって水底の砂や泥に潜る事があり、飼育下ではこの特徴が災いして水槽内の水草をことごとくほじくり返される事があります。体表面のぬめりが強く、水が汚れやすいのが難点かも知れません。

 

泥鰌の文化

泥鰌は水田に多く見られ、古くから農村地帯で食用に用いられていました。
江戸期から戦前にかけては東京郊外の水田でいくらでも獲れ、低湿地で水田が多かった東京の北東部地域の郷土料理となっています。
ドジョウすくいは泥田でドジョウをすくう姿を滑稽に表現するもので、安来節に合わせて踊られ、忘年会等の宴会芸の定番でした。
中部地方(長良川など)では「のぼり落とし」と呼ばれる漁罠を用いてドジョウを捕らえたそうです。現在の日本ではドジョウを食用にする習慣は少なくなっていますが、ドジョウは昔から俗に「ウナギ一匹、ドジョウ一匹」とも言われ、わずか1匹でウナギ1匹分に匹敵するほどの高い栄養価を得られる食材とされています。

 

食材としての利用

泥鰌は江戸の日常料理として使用されていました。大ぶりのものは開いて頭と内臓を取り、小さいものはそのままで、ネギやゴボウとともに割下で煮て卵で綴じた『柳川鍋』とされることが多いです。
卵で綴じないものは『どぜう鍋』と呼ばれます。また唐揚げや天ぷらでも食べるなど特に東京近辺で好まれるため、産地は利根川水系のほか、最近は韓国や中国からの輸入品も多いですが、純国産の物は超高級食材として扱われています。
有棘顎口虫の中間宿主となるため、踊り食いなどの生食は危険なのでご注意ください。

 

泥鰌の栄養価

泥鰌は養殖ウナギに比べて脂質の量が1/19と少なくヘルシーです。抗酸化系のビタミンA(レチノール)、ビタミンC、ビタミンEの含有量は少ないものの、タンパク質、ビタミンB群、各種ミネラルをバランスよく含んでいます。疲労回復や滋養強壮効果がある良質なタンパク質は養殖ウナギとほぼ同じ量が含まれます。

また、貧血を予防する鉄は養殖ウナギの11倍、骨粗しょう症を予防するカルシウムは9倍あり、いずれも魚介類の中ではトップクラスです。さらに、100gあたり1.09mg含まれる豊富なビタミンB2は動脈硬化や心筋梗塞などの原因の一つとされる過酸化脂質を分解したり、三大栄養素の代謝(特に脂質代謝)を促進するビタミンなのでダイエットにも適した食材といえますね。

当店では、すき焼き、しゃぶしゃぶをはじめ、様々な旬の食材を使った料理をご用意しております。是非一度当店自慢の料理をお召しあがりになってみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

前へ 次へ
京都 瓢喜

店舗一覧

瓢喜 銀座本店

瓢喜 銀座本店

瓢喜 銀座三丁目店

瓢喜 銀座三丁目店

瓢喜 西麻布店

瓢喜 西麻布店

瓢喜 赤坂店

瓢喜 赤坂店

瓢喜 八重洲店

瓢喜 八重洲店

瓢喜 京橋店

瓢喜 京橋店

瓢喜 西麻布店

瓢喜 西麻布店

瓢喜 新橋店

瓢喜 新橋店

インターネット予約
ご予約はこちら

お電話でのご予約

西麻布店

03-6804-5113

【営業時間】
[月〜金]
昼 12:00-14:30(L.O13:30)
夜 18:00-23:00(L.O22:00)

[土曜日]
18:00-23:00(L.O22:00)

土曜日は夜のみ営業
※貸切宴会は応相談
※当日キャンセルの場合、キャンセル料が発生します。

瓢喜 香水亭
京都 瓢斗
瓢喜の婚礼
仕出し弁当
オンラインショップ
採用情報
よくあるご質問
top